美肌 美容の方法のTOPに戻る
「美肌 美容の方法」トップ >  紫外線対策 > 日焼け止めクリームで紫外線対策

日焼け止めクリームで紫外線対策


紫外線の対策方法といえば、欠かせないものに日焼け止めクリームがありますよね。
美肌のためには、自分に合ったものを、時と場所に応じて使い分ける必要があります。

日焼け止めクリームのパッケージには、SPF値とPA値が表示されています。

SPF値は、ゆっくり肌に浸透してコラーゲンを破壊していく紫外線B波を、どれくらいカットできるかを表しています。

例えばSPF10と表示されているものは、何も塗らない状態では10分で日焼けするところを、10倍の100分かけて日焼けする、という意味があります。
現在では、SPFの最高値は50に設定されています。

PA値は肌を黒くする紫外線A波をどれくらいカットできるかを表しています。

PAは+、++、+++の3段階で示していて、+では日焼けを起こすまでの時間を2〜4倍に、++は4〜8倍に、+++は8倍以上に伸ばすことを意味しています。

SPF、PA値ともに、高くなるほど紫外線防止効果が高いわけですが、高いクリームほど紫外線吸収剤や散乱剤を多く含んでいるので、お肌に負担がかかってしまいます。

ゴルフやスポーツなど、外で活動する時は、SPF値が30程度、PA値は++程度のものがおすすめです。
日常生活や、1時間程度の外出なら、SPF20以下でPA+程度でも十分です。

紫外線対策には、SPF値やPA値の高いものを選びがちですが、紫外線対策の面では有効ですがお肌にはストレスがかかるので、紫外線防止効果を高めたいなら、SPFやPA値の高いクリームを選ぶよりも、値を低めのもので、こまめに塗りなおす方が効果的です。

最近ではファンデーションなどの化粧品にも紫外線防止効果のあるものが多くありますね。SPF値の異なるものを重ねる場合、防止効果はSPF値の足し算になるわけではありません。高い方の値より、少しだけ効果が高まる程度だそうですよ。
また、値の高い方を先に塗った方が効果的です。
お肌に負担が少なく、効果的に紫外線を防止できる方法を考えてつけるようにしましょう。
関連コンテンツ

日焼け止めで紫外線対策をしよう

前回は、紫外線対策をしていても危険な場所と色をご紹介しましたね。 まだ、ご覧になってない方は、こちらの紫外線の影響を受けやすい場所と色をご覧下さい。 紫外線は天気の悪い日や、お家の中にいても、・・・

紫外線の影響を受けやすい場所と色

帽子や日傘で紫外線をガードしていても、実は日焼けしるということありませんか? 実は、ガードしているつもりでも紫外線は、私たちの肌を攻撃してきます。 紫外線は、目に見える可視光線と違い、反射率が・・・

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

温かくなり天気がいいと、外に出かけてみたくなりますが、女性にとって、気になるのはやはり紫外線です。 美肌のためには、しっかりと紫外線対策をしておく必要があることは周知のとおりです。 対策方法と・・・

紫外線について

寒い冬が過ぎ、温かくなってくるのは嬉しいですが、紫外線も気になってきますよね。 美肌のためには、紫外線対策の方法をしっかり考えておくのも大切ですが、まずは美肌の天敵である紫外線についての知識を身につ・・・