美肌 美容の方法のTOPに戻る
「美肌 美容の方法」トップ >  紫外線対策 > 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤


温かくなり天気がいいと、外に出かけてみたくなりますが、女性にとって、気になるのはやはり紫外線です。

美肌のためには、しっかりと紫外線対策をしておく必要があることは周知のとおりです。
対策方法として、外に出る時は帽子や日傘などを使うこと、また、出かけなくても、日焼け止めクリームを塗ることは欠かせないですね。

日焼け止めクリームにも色々なものがあり、何を選んだら良いのか、分からないという方に、日焼け止めクリームを選ぶポイントをまとめてみましたので、参考にして下さい。

日焼け止めクリームに使われている成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤というものがあります。

紫外線吸収剤は、文字通り紫外線を吸収し、熱エネルギーに変えてしまう働きがある成分です。主なものには、紫外線A波を吸収するメキゾリル、紫外線B波を吸収するオキシベンソンなどがあります。
これらは化合物なので、人によっては肌に塗るとぴりぴりした感じがする場合があります。お肌が弱い人は、避けた方が良いかもしれませんね。
また、使用頻度が多いと、本来お肌が持っている基礎力を損なってしまう場合があります。
お肌が健康な人でも、長時間の使用はお肌の負担になるので使い方に注意しましょうね。

紫外線散乱剤は、紫外線をはねかえす働きのある成分です。
酸化チタンやカオリン、タルク、酸化亜鉛などがあります。これらは肌に優しく、刺激の少ない成分です。SPF、PAが低い日焼け止めに多く使われているもので、ちょっとした散歩や日常生活の中では、こちらの成分が配合されているものを使いましょう。
「ノンケミカル」と表示されていますよ。

そうそう、帽子や日傘で紫外線をガードしていても、実は日焼けしるということありませんか?
実は、ガードしているつもりでも紫外線は、私たちの肌を攻撃してきます。
次回は、紫外線の影響を受けやすい場所と色について、ご紹介します。
関連コンテンツ

日焼け止めクリームで紫外線対策

紫外線の対策方法といえば、欠かせないものに日焼け止めクリームがありますよね。 美肌のためには、自分に合ったものを、時と場所に応じて使い分ける必要があります。 日焼け止めクリームのパッケージには・・・

日焼け止めで紫外線対策をしよう

前回は、紫外線対策をしていても危険な場所と色をご紹介しましたね。 まだ、ご覧になってない方は、こちらの紫外線の影響を受けやすい場所と色をご覧下さい。 紫外線は天気の悪い日や、お家の中にいても、・・・

紫外線の影響を受けやすい場所と色

帽子や日傘で紫外線をガードしていても、実は日焼けしるということありませんか? 実は、ガードしているつもりでも紫外線は、私たちの肌を攻撃してきます。 紫外線は、目に見える可視光線と違い、反射率が・・・

紫外線について

寒い冬が過ぎ、温かくなってくるのは嬉しいですが、紫外線も気になってきますよね。 美肌のためには、紫外線対策の方法をしっかり考えておくのも大切ですが、まずは美肌の天敵である紫外線についての知識を身につ・・・