美肌 美容の方法のTOPに戻る

紫外線について


寒い冬が過ぎ、温かくなってくるのは嬉しいですが、紫外線も気になってきますよね。
美肌のためには、紫外線対策の方法をしっかり考えておくのも大切ですが、まずは美肌の天敵である紫外線についての知識を身につけましょう。
紫外線の量がとても強く多い時期は、3月から9月にかけてです。紫外線はシミや乾燥、シワやたるみなど、様々なお肌のトラブルの原因になります。

紫外線はUV-A(長波長紫外線)、UV-B(中波長紫外線)、およびUV-C(短波長紫外線)に分けられます。

美肌の敵ともいえるのが、UV-Aです。
UV-Aは、皮膚の真皮層に作用し、お肌にとって大切なコラーゲンを破壊してしまいます。
コラーゲンが破壊されてしまうと、お肌は保水力を失い、新陳代謝が乱れ、見た目にもカサカサして透明感がなくなってしまいます。
そのままの状態が続くと、お肌はハリを失ってくすみが生じ、老化への道を一直線に辿ってしまうというわけなのです。
恐ろしい紫外線UV-Aは、UV-Aは曇っている時や、UVカットガラスも突き抜けてしまうので注意が必要ですよ。

日を浴びると、日焼けしてしまいますが、これは紫外線UV-Bによるものです。
表皮と真皮の間にあるメラノサイトにメラニンを作らせて肌を黒くするのです。
UV-Bは、日傘や帽子である程度防ぐことができるので、UV-Bによる日焼けを防ぐには、ちょっとした心掛けで対策できます。
もし日焼けしてしまった場合は、まずは冷やし、保水して対処しましょう。

これらの紫外線は、お家や車の中にいるから大丈夫、と安心することは禁物です。
見た目には変化はなくても、お肌の下には、シミの元になるメラニンが蓄積されてしまうのです。
紫外線が強くなってくる季節はたとえお出かけしない日でも、日焼け止めクリームを塗るなどして、常日頃から紫外線対策をしておく必要があります。

紫外線によるお肌への影響
UVA,UVB,UVCは皮膚を形成するコラーゲンの繊維にダメージを与え、皮膚の加齢を加速させます。
一般に、UVAは危険性が一番小さいですが、お肌や皮膚の加齢、DNAへのダメージ、皮膚がんの可能性等に影響を及ぼすとおいわれています。また、日焼けを引き起こすことはないが、UVBより深く皮膚の中に浸透します。

UVBは、皮膚がんを引き起こす危険があります。これは、紫外線が照射されると、皮膚等の細胞中のDNAを構成する分子を破壊し、がん等の突然変異を引き起こされるためです。

このように、紫外線は私たちにとって美肌の天敵だけでなく健康へもダメージを与えますので、しっかりと紫外線対策を行う必要があるのです。
関連コンテンツ

日焼け止めクリームで紫外線対策

紫外線の対策方法といえば、欠かせないものに日焼け止めクリームがありますよね。 美肌のためには、自分に合ったものを、時と場所に応じて使い分ける必要があります。 日焼け止めクリームのパッケージには・・・

日焼け止めで紫外線対策をしよう

前回は、紫外線対策をしていても危険な場所と色をご紹介しましたね。 まだ、ご覧になってない方は、こちらの紫外線の影響を受けやすい場所と色をご覧下さい。 紫外線は天気の悪い日や、お家の中にいても、・・・

紫外線の影響を受けやすい場所と色

帽子や日傘で紫外線をガードしていても、実は日焼けしるということありませんか? 実は、ガードしているつもりでも紫外線は、私たちの肌を攻撃してきます。 紫外線は、目に見える可視光線と違い、反射率が・・・

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

温かくなり天気がいいと、外に出かけてみたくなりますが、女性にとって、気になるのはやはり紫外線です。 美肌のためには、しっかりと紫外線対策をしておく必要があることは周知のとおりです。 対策方法と・・・